LANGUAGE

製品情報バナー 製品情報について

バイオセンサについて



バイオ


バイオセンサは、栄養素または代謝物などの特定の検体を検出することができる素子です。IST AGの一部門であるジョブ・テクノロジーは、液体培養中のグルコース、乳酸、グルタミンおよびグルタミン酸の濃度を測定するための小型で体細胞性のアンペロメトリックバイオセンサを開発しました。酵素センサおよびパラメトリックセンサは、標的分析物を検出するための酵素に依存します。例えばグルコースオキシダーゼは、グルコース分子の酸化を特異的に誘発します。この酸化の生成物は過酸化水素であり、白金微小電極に電流を発生させます。これは酵素が電極の近傍に固定されなければならない理由です。電極のすぐ近くに高分子膜ストラップとシムのユニークなシステムがあり、分析物を簡単に思い通りに拡散させることができます。優れた応答時間と感度を実現します。膜システムのサイズは1ミリメートル未満です。そのために、いくつかの分析物を単一の装置で同時に測定することができます。さらに、当社の技術では、長時間にわたる連続的かつ断続的な測定モードが可能です。
私たちのバイオセンサは、実験室の分析用シングルユースシステム、バイオプロセシングファームなど、さまざまな分野で使用することができます。私たちの主目的は、あなたのアプリケーションと要件に応じて定義された最終的なデザインのカスタマイズセンサ開発です。ご連絡いただければ適切な解決策を見つけます。

バイオセンサ
製品 寸法 測定可能物質 応答性 稼働寿命
(Links to PDF) (L x W x H ㎜) (t90%) at 37° C
IV4
B.LV5
JT2
ページトップへ戻る