ISTはスイス品質の白金薄膜センサの世界的な製造メーカです。
薄膜型白金測温抵抗体・容量型湿度センサ・流量センサ・伝導度センサそしてバイオセンサの製造販売を行っています。

OGGはこれらIST商品を皆様に日本代理店としてご紹介させて頂きます。

IST-AG ロゴマーク

温度センサ湿度センサ流量センサ伝導度センサ

IST AG


IST AGはスイスにあり、カスタマイズセンサに特化しています。カスタマイズセンサの開発は、顧客のニーズを理解することから始まります。当社の営業チームは、当社が提供できるソリューションを紹介し、顧客と一緒に考え、適切なセンサソリューションを提案することができます。
例えば延長リード付き白金温度センサの場合の工程は次の通りです。
生産は、まずセラミック基板上に高純度の白金薄膜層を蒸着させることから始まります。これらのプロセスは、ISO 5に分類されるクリーンルームで行われます。高品質のセンサを確実にするために、化学洗浄と化学処理の自動システムで湿式化学プロセスが実行されます。


センサ構造のパターンは、複数のステップによって作られていきます。
感光性レジストのスピンコーティング、フォトレジストの現像、フォトレジストをエッチングするマスクを介して感光性レジストを照射するステップ、最終的にフォトレジストが除去され、チップ上のセンサ構造のみが残ります。スクリーン印刷は、センサパッドを強化し、センサ構造を保護するために使用されます。センサは、それぞれ顧客要求抵抗値にレーザトリミングされます。その後、完全に自動化されたダイシングマシンで各基板がダイシングされ、配線されます。
顧客指定仕様のワイヤおよびワイヤの長さは、自動溶接機のチップ上で溶接されます。
堅牢性を高めるために溶接領域をガラスでさらに覆います。そして各センターは個別に測定され、顧客に出荷されます。
当社の温度、流量、湿度、伝導度およびバイオセンサは、幅広く各種分野で使用されています。

About IST-AG


革新的なセンサ技術を元に1991年に設立されスイス山岳地域のエーブナートカッペルに本社を置いています。


ISTは、薄膜白金およびニッケルRTD温度センサ、容量湿度センサ、熱式質量流量センサ、導電率センサとバイオセンサの世界をリードするメーカーです。 ISTはまた、キャリブレーション湿度モジュールの幅広いポートフォリオを製造しています。ISTのセンサ素子は、種々の測定条件での精度と一貫性によって特徴付けられます。また、ISTの優秀な技術チームは、マイクロシステム技術の分野で挑戦的な顧客の要求のコンサルティング、開発と生産を提供しています。ISTの高度な技術は、継続的に既存の技術を改善し、卓越性の新しい業界標準を確立するために挑戦によって駆動されます。スイス高品質を標準としてISTは、ISO 9001:2008およびISO 14001:2004認証を取得しています。 ISTの継続的なセンサの開発は、センシングデバイスの未来を形作ります。1995年からチェコのRoznov、1999年からアメリカのネバダ州ラスベガスにそれぞれ子会社を設立しました。2015年にドイツのJobst Technologies GmbH買収しバイオセンサ事業も始めました。ISTは今後共継続的に世界的な影響力と認知度を増加していきます。


ISTは革新的センサ技術でスイスの北西部にライナッハに本社を置くエンドレスハウザーグループの会社です。エンドレスハウザーグループでは、工業プロセス工学のための機器、サービス、ソリューションを測定する際のグローバルリーダーのひとつです。