LANGUAGE

製品情報バナー 製品情報について

伝導度センサについて



導電率


導電率は、物質が電気を流す能力です。水中での導電率は、温度および濃度に依存します。これらのイオンは、酸や塩基のような電解質の溶解から生じます。原則として水中の不純物の増加はより高い導電率の値をもたらします。したがって、導電性は、水の浄化のような用途において有用です。純水は、約55nS/cmの導電率を示します。対照的に水道水では、約1万倍の値を示します。IST AGの導電率センサは、厚膜技術と薄膜技術を組み合わせています。それらは非常にダイナミックレンジと補償のための組み込まれた温度センサを提供しています。私たちの主な能力はカスタマイズされたセンサの開発です。最終的な設計は、アプリケーションと要件に応じて決定されます。私たちのセンサは、バイオテクノロジーの透析システム、家庭用水質アプリケーション、実験室での分析、およびその他多くのものに使用されています。我々はあなたと一緒にあなたのアプリケーションについて話し合うことが非常な喜びです。

LFS 誘電率センサ
製品 寸法 セル定数 温度範囲 誘電率範囲
(Links to PDF) L x W x H / H2 in mm) (1/cm)) (°C)  (mS/cm)
LFS1710
LFS1505
伝導度センサ案内
ページトップへ戻る